鉄道施設

2021年12月 5日 (日)

【呉線】一部区間で架線更新(写真なし)

呉線の一部区間で、架線の更新が行われています。気がついたのは、水尻~呉間で。

ハイパー架線も少しありましたが、従来の饋電吊架式区間では饋電吊架線を一本増設して、JR東日本のインテグレート架線のようになっています。

今後もメンテナンスフリー化のために、積極的に更新が進められて行くのでしょう。

(12月5日確認)

2021年11月26日 (金)

【阪急】今津線 西宮北口~阪神国道間のプレートガーダー式高架橋の出自(続)

阪急今津南線の、東海道本線跨線橋~阪神国道駅間の高架橋に架設されている上路式プレートガーダーが、宝塚本線の新淀川橋梁から転用された可能性が高いという事は、2021年10月3日の記事でご紹介したところですが、それに連なる阪神国道(現国道2号線)架道橋の製造銘板を改めて確認してみました。

__20211121 __20211121_20211126195701
下路式プレートガーダー橋である、阪神国道架道橋の全景と、銘板の取り付け位置。

__20211121_20211126195702
大正15年(1926年) 汽車製造株式會社の製造です。

__20211121_20211126195801
橋脚にも、ゼブラ塗装の上辺の位置に、製造銘板が取り付けられています。

__20211121_20211126195802
橋脚も桁と同じく、大正15年(1926年) 汽車製造株式會社の製造です。

架道橋の桁は現地に合わせて製作されたと思われますので、今津線開通の年に製造されたのは自然です。逆に高架橋部分の上路式プレートガーダーが他から転用されたと言う傍証になるのではないかと思います。