関西私鉄

2021年5月31日 (月)

【阪急電鉄・阪神電鉄・Osaka Metro】減便を一部取り止め

阪急電鉄・阪神電鉄・Osaka Metroの3社は、6月5日(土)より土曜休日の減便を取り止め、通常ダイヤで運行すると発表しました。

  • 阪急京都線: 土曜休日ダイヤでの、堺筋線直通列車の約2割の減便を取り止め。
  • Osaka Metro: 土曜休日ダイヤでの、約2割の減便を取り止め。平日夜間の減便は継続。
  • 阪神電鉄: 土曜休日ダイヤでの、大阪梅田発尼崎行き急行の運休を取り止め(回送→客扱い)

通常ダイヤに戻す理由は、Osaka Metroは、ワクチン大規模接種会場へ向かう方の利便性の確保、阪神電鉄は、利用状況を考慮してとなっています。

【北条鉄道】JR東日本からキハ40を購入

読売新聞の記事によると、北条鉄道はJR東日本よりキハ40形1両を250万円で購入。今年末に搬入し、約1300万円を掛けて改造。2022年前半の運転開始を目指すそうです。

北条鉄道では、法華口駅の交換設備復活により車両に余裕が無くなり、中古車両を探しているが適当な車両がないという話は聞いていました。

旧北条線時代はキハ40系が走っていたはずですが、第三セクターになって一旦レールバスになっていたのが、再びキハ40が走るとは、ちょっと考えてもみませんでした。

しかし、JR西日本のキハ40系からは、暫くは廃車が発生しないという事でしょうね。

2021年5月29日 (土)

NHK「ノって♪行こう」 今月はOsaka Metro 緑木車両工場

本日のNHK「関西ウィークエンド」は、毎月恒例の「ノって♪行こう」。今回は車庫シリーズという事で、Osaka Metroの緑木車両工場の見学でした。https://www.nhk.or.jp/osaka-blog/weekend/449974.html

まず、御堂筋線用30000系第18編成(31618他)の新車整備風景。車内に入って、室内灯の調光実演や、運転台の紹介もありました。これでまた、10系から廃車が出ると思いますが、さてどの編成になるのでしょう?

次は大阪市電30号に乗車。庫内でしたが、走行シーンを楽しめました。

定期検査中の23系の中に、保存車の105号が! 30号と同じように、自走できるように整備中なのだそうです。映像では分解されたマスコンが映りましたが、問題なのはブレーキのU自在弁。当時でも保守に苦労していたのに、今の技術で太刀打ちできるか? 整備がいつ終わるか分かりませんが、楽しみです。

最後は保線車両コーナーという事で、最近導入された保線モーターカーのD-34L号が登場。銘板の感じから、恐らく松山重工製と思いますが、一端にクレーンを持つ、大型の保線用機関車です。運転台の紹介もありましたが、自動ブレーキ弁に注目。銘板を見るとM-24ブレーキ弁で、直通ブレーキと自動ブレーキの両方の機能を持っています。M-24ブレーキ弁が現役で使われているのを見たのは、銚子電鉄のデハ801(元伊予鉄道モハ106)で、同社の引退で現役のM-24ブレーキ弁は無くなっていたと思っていました。保線車両ながら、現役で、しかも新製された弁が使われていたとは意外でした。

 

Today's NHK "Kansai Weekend" is the monthly "Let's ride". This time it was a garage series, so it was a tour of the Midorigi vehicle factory in Osaka Metro. https://www.nhk.or.jp/osaka-blog/weekend/449974.html

First, the new car maintenance scene of the 30000 series 18th organization (31618 etc.) for Midosuji Line. Once inside the car, there was a demonstration of dimming the interior lights and an introduction to the driver's cab. With this, I think that the 10 series will be scrapped again, but which organization will it be?

Next, take the Osaka Tram No. 30. It was inside the warehouse, but I enjoyed the driving scene.

Among the 23 series under regular inspection, there is a preserved car No. 105! Like No. 30, it seems that it is under maintenance so that it can run on its own. The video shows the disassembled mascon, but the problem is the U-universal valve of the brake. Even at that time, I had a hard time maintaining it, but can I compete with the current technology? I don't know when the maintenance will end, but I'm looking forward to it.

The last is the track maintenance vehicle corner, so the recently introduced track maintenance motor car D-34L has appeared. From the feeling of the name plate, it is probably made by Matsuyama Heavy Industries, but it is a large track maintenance locomotive with a crane at one end. There was also an introduction to the driver's cab, but pay attention to the automatic brake valve. Looking at the name plate, it is an M-24 brake valve, which has both direct braking and automatic braking functions. It was Choshi Electric Railway's Deha 801 (former Iyo Railway Moha 106) that saw the M-24 brake valve in active use, and I thought that the active M-24 brake valve had disappeared due to the company's retirement. I did. Although it was a track maintenance vehicle, it was surprising that an active and newly manufactured valve was used.