« 新潟国際アニメーション映画祭(その2) | トップページ | 新潟国際アニメーション映画祭(その4・まとめ編) »

2023年3月25日 (土)

新潟国際アニメーション映画祭(その3)

新潟国際アニメーション映画祭、最終日6日目の参加報告です。
(2日目・3日目はこちら、4日目・5日目はこちら

6日目(3月22日)

前日までにコンペティション作品は全部見終わったので、この日は世界の潮流部門の2作品。

世界の潮流部門
新封神演義・楊戩
監督:Zhao Ji  (2022年、中国)
これが現代の中国長編アニメーションか。実写と見紛うばかりの、完璧なCGが素晴らしい!
でも物語が次々展開し、新しいキャラや技がもの凄い勢いで出て来て、見る方は付いて行けません。
日本のテレビアニメで言えば、2クール分位を2時間に詰め込んだ感じ。
お腹一杯になりました。

世界の潮流部門
手をなくした少女
監督:Sébastien Laudenbach (2016年、フランス)
アートアニメーションの文法で作られた、90分の作品。
興行的にはどうだったのだろう?と、心配になります。
でもこう言う作品を商業ベースで制作できる、フランスの環境も凄いと思います。
 

当初は授賞式まで見ようと思っていたのですが、30分の授賞式+アニソンライブには
どうもそそられないので、ここで切り上げて帰宅となりました。

次は、映画祭全体をちょっとまとめてみます。

« 新潟国際アニメーション映画祭(その2) | トップページ | 新潟国際アニメーション映画祭(その4・まとめ編) »

アニメーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新潟国際アニメーション映画祭(その2) | トップページ | 新潟国際アニメーション映画祭(その4・まとめ編) »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

無料ブログはココログ