« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2022年4月

2022年4月15日 (金)

【JR北海道】地震で脱線した車両の修理費を負担へ

3月16日に発生した福島県沖の地震で、東北新幹線内で脱線した17両編成の内10両は、JR北海道所属だったとのことですが、自然災害による損傷という事から、その修理費は所属のJR北海道の負担になるとの報道がありました。

負担については納得できるのですが、不可解なのは、車両には保険が掛けられていなかったと言う事。自動車の車両保険に相当する仕組みがないとは思えないのですが、どこの鉄道会社も同じなのでしょうか?

2022年4月13日 (水)

【阪急】C#7013×8R サイドビュー

2022年4月13日 西宮車庫にて

C#7013
Hankyu_7013_20220413

C#7513
Hankyu_7513_20220413

C#7653
Hankyu_7653_20220413

C#7663
Hankyu_7663_20220413

C#7673
Hankyu_7673_20220413

C#7683
Hankyu_7683_20220413

C#7613
Hankyu_7613_20220413

C#7113
Hankyu_7113_20220413

【阪急】『車両避難停止位置』標識を設置

阪急電鉄のいくつかの駅で、『車両避難停止位置』という標識が設けられているのに気が付きました。

いずれもホームの先端からやや外れた位置に建植されており、地震や水害などの際に乗客をホームに降ろすため、2本の列車を縦列でホームに停車させる時に使用する標識ではないかと思います。

① 夙川駅では、出発信号機・入換信号機のすぐ手前に建植されています。
Hankyu_sharyouhinan_202204131

② 拡大すると・・・
Hankyu_sharyouhinan_202204132

最初は、夙川の氾濫から車両を守るためかと思いましたが、この位置に車両を止めると、編成の後部は夙川の橋梁上に掛かってしまいます。

【阪急】神戸本線 春日野道駅のバリアフリー化工事(4/13)

阪急電鉄神戸本線の春日野道駅では、バリアフリー化のために西口(仮称)の建設が進められています。
2022年4月13日、その様子を見てきました。

① エレベータシャフトの躯体と、ホーム上屋の延長部分ができていました。
Hankyu_kasuganomichi_202204132

② 高架下の駅舎予定部分。エレベータシャフトのコンクリート躯体が出来上がっています。向こう側(JRの高架下)も透けており、南側にも出入口ができるかも知れません。
Hankyu_kasuganomichi_202204135

③ ホーム上を見ると・・・
Hankyu_kasuganomichi_202204136

④ エレベータの機械工事はこれからです。なお地上階では高架橋の橋脚に当たるため、エレベータの扉の向きは南向き(向かって左)で、直角2扉型になるようです。
Hankyu_kasuganomichi_202204137

⑤ 振り返って、新しい上屋を見上げる。監視カメラのモニタも移設されました。
Hankyu_kasuganomichi_202204138

⑥ 可動式ホーム柵を設置する予定のため、ホーム面は仮仕上げの状態です。
Hankyu_kasuganomichi_202204139

⑦ 大阪方より C#1008×8Rが入線。
Hankyu_1108_20220413

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »